26.EIDGENOSSIS JODLERFEST 2005 AARAU 伊藤啓子のヨーデルフェスト奮闘記

26.EIDGENOSSIS JODLERFEST 2005 AARAU
伊藤啓子のヨーデルフェスト奮闘記

 

2005年6月アコーディオンの新倉恵と付き添いの石川知香子と共に、
一路、スイスに向けて日本を出発しました。
まずは、直前のレッスンの為に先生のお宅へ。
今年の冬にも一度レッスンしてもらっているとはいえ、
レパートリーには無い新しい曲での挑戦。
先生も度胸試しにと、色々な場所で唄う機会を作って下さり、
緊張しつつも上達を実感した貴重な数日間でした。

 

先生のお宅にて

先生のお宅の窓からの眺め

会場の街AARAU(アーラウ)に到着
飾り付けも着々

ここが会場
教会です
ちょっと試しに唄ったりもしました

 

ヨーデルフェストの期間中は民族衣装だらけ
二人も着替えて街にくり出すと早速インタビュー
なにしろ今回の参加はプログラムにも載っているスイス人と同じ土俵での参加
かなり注目されているようでした

 

これはラジオのインタビュー

街角ではあちこちで、、、
直前練習?

テレビニュースの取材も受けました

こんなところでも秘密練習?

ここはアルプホルンの会場
やはり屋外で聴くにかぎります
しかし上手い!
Sepplもがんばります

練習に余念がありません

もちろん観光客もたくさん
もう街中人、人、人

まずは先生のグループから
先生は審査委員なのですが、それでも参加します

 

さあ、いよいよ出番です
紹介では「ようこそスイスへ」なんて言われていました
ちなみにKeikoはカイコと発音されていました
この時二人は緊張よりも演奏できる喜びの方が勝っていたそうです

 

まさに至福のひと時

 

出来?
唄い終わった瞬間、拍手の嵐でした
客席に居た石川も同じ日本人ということで褒められていたほどの素晴しい出来
でも、成績は付かないとの約束だったので
この拍手が唯一のご褒美

 


ほっと一息、街に出てみるとブラスバンドもいました
おや
ビュッヘルも!
さすがスイス

 

夜になり街のあちこちで歌声が聴こえました
出番が終わっても唄います
本当に好きなんですね
二人もスーパーの前で唄ってみました
この時が一番楽しかったと言っていました

 

先生のグループも!
レッスンの時はこの人達の前でも唄いました

夜も更けてくるとこんな行進も
夜更かしもしてみるものです

一夜明けて今日は閉会式
雲ひとつないスイス晴れ?

 

記念品のつもりで成績表を入手
先生も評価はされなかったけど、よく頑張ったと褒めてくださいました
(あとで口頭では教えてもらえるそうでした)
そこに石川知香子が
「あった!」
そう、なぜか成績表に載っていたのです
しかも最高クラスで!
というわけで、みんな揃ってイチバン!

 

出番が近かったこの3人も一番!
みんな嬉しそう

グランドフィナーレのパレードの始まりです

牛もいいですがセントバーナードも良し

こんな変わり種アルプホルン
中程に注目!

重そうですが、これも必需品

このクルマはホルンだらけ
いつも観ているオクトーバーフェストもいいですが
初夏の祭りもいいものです

やっぱり牛!

クーグロッケンも年期が入っています

ヨーデルフェストのパンフレット

ファッション誌のヨーデルフェスト特集にも載りました

新聞の一面にも載りました (クリックすると拡大)

かなりのスペースが割かれていました よく読むと恥ずかしいことも、、、

これが例の成績表

 

小さく丸印がしてあります
本当に最高クラス
一番!